NEWS

お知らせ

NEWS一覧へ戻る

2022.10.27

クリスマス宿泊プラン「春待月のほろ酔いノエル」ご予約受付中

今年のクリスマス宿泊プランは、京都府京丹波町で醸造された国産葡萄デラウェアを使用した微発泡ワイン「てぐみ(白)」を客室でお楽しみいただける「春待月のほろ酔いノエル」をご用意いたしました。



「てぐみ(白)」を醸造する京都丹波ワインは、京都市の北西約50kmの丹波高地の京丹波町にあるワイナリー。誰にでも飲みやすく乾杯で楽しめる無添加ワインを造りたいという思いから試行錯誤を重ね2年の歳月をかけて生まれました。原料品質から発酵工程、瓶詰めまで女性醸造家の内貴麻里氏の細心の気遣いで醸造されるその繊細な泡と芳醇な味わいは、第24回ジャパン・ワイン・チャレンジ2021で銅賞を受賞しています。ラベルに描かれている茶道具の柄杓は、最初のヴィンテージを1本ずつ手作業で瓶詰めしていたのがその由来。味だけではなくラベルに込められた作り手の思いもご一緒にご体感ください。

[期間]
宿泊期間:2022121()20221225()
予約開始:2022年10月28日(金)~

[料金]
1泊1室料金(大人2名様利用)
スーペリアツイン 10,480円~/コーナースイート 14,780円~ ※消費税込み・宿泊税別

[内容]
・京都府京丹波町で醸造された微発泡ワイン「てぐみ 白」ボトル(750ml)のルームサービス
・和朝食ブッフェ
・レイトチェックアウト1200(通常1100

「春待月のほろ酔いノエル」は、京都府内各地の魅力あふれる産品をホテルへの滞在を通じて体験いただきたいとの思いから立ち上げた「きょうと恵み再発見の宿”プロジェクト」の第1弾の宿泊プランです。



[お部屋の空き状況を確認する]



"きょうと恵み再発見の宿”プロジェクト とは

京都府内各地には内陸の盆地という環境で育まれたこの土地ならではの数多くの産品が存在しています。全国から京都へお越しになるツーリストへ、ホテル支配人がおすすめしたい地元京都の食材やお酒などを、滞在中に実際に味わってもらい、その良さをひとりでも多くの方に伝えたいとの思いから立ち上げたオリエンタルホテル京都 六条のオリジナルプロジェクトです。

本評点及び口コミ内容はGoogleに提供され、
Gooleの評価と口コミの概要として掲示されています